まるで住み慣れたおうちのように

この時期じゃないとこれない人や

遠方のユーザーも最近は多くいるので

ここ3年ぐらい

ゴールデンウイークは

営業をしてきたけど

今年特に言われたのは

ここに来るまでに渋滞がひどい(笑)

来ようと思ったけど

途中で断念しました

なんて話もあった

 

どうしても休む時期が重なってしまうので

集中しちゃうのだろうけど

連日渋滞のニュースが流れるのを見ると

さすがにそれだけで

疲れちゃうよね

 

さて

ここ最近40系の問い合わせが多い

たださすがに

後の整備やメンテナンスを考えると

普通のショップじゃ

無理ってみんな思うんだろうね

中古車サイトにいくつか出てるけど

それほど動いてる様子がない

 

よく探してって

言われるけど

それほど流通してるものじゃないし

あったとしても

そのままじゃさすがにね

ある程度整備したり

40系だと板金も出てくるので

結構な時間がかかる

DSC08515.jpg

47もそうで

すべてを新品にって言い出したら

すごいことになっちゃうけど

気になるところは

ある程度やっておきたいし

DSC08525.jpg

最近 

価格の問い合わせも

よくいただくけど

ある程度の作業が終わらないと

それもなかなか出すことが出来ない

DSC08523.jpg

結局 フロントの軸周りは

キャリパーからローター

ベアリングまで一式オーバーホール

DSC08538.jpg

窓周りも気になったので

開けて見えば

直さないわけにはいかないし(笑)

DSC08541.jpgおそらく

最近よく聞く

古い民家に

古いからかっこいいと移り住めば

冬は隙間風でめちゃめちゃ寒く

夏も思ったより暑かったり

使い勝手は不便だったり

DSC08542.jpg そういうことを楽しめる人

ならいいのだけど

 

やはりいまどきは

古民家再生じゃないけれど

 

古さも残しつつ

ある程度のところは

それなりにつかえないと

DSC08543.jpg

しかも

頻繁に壊れれば

どうしても

気持ちが萎えてしまう

 

DSC08546.jpg

すべてを新品にしてるわけでは

無いので

100%OKとは行かなくても

 

ある程度のところ

気になるところは

やっておきたいんだよね

DSC08539.jpg時間もかかるし

先も見えない作業が多いから

うまく行かないことも多いけど

DSC08581.JPG

それもね

乗ったらわかるんだ

 

なんだろ これ 面白いってね

 

単なる道具だった車が

まるで住み慣れたい家のように

体になじんでいく

DSC08580.jpg

そういうことに関われたことは

とても幸せなことなんだろうね

 

 

 

 








〒444-1214
愛知県安城市榎前町西林44-1
 Tel:0566-73-2052
 Fax:0566-92-0580
営業時間:午前10時~午後8時 定休日:月曜日・イベント開催日


Photo