最近みんな薄々気が付いてるでしょうけど
ホント乗りたい車がない、売ってない
よく80のユーザーがディーラーに行って
そろそろどうですかって言われちゃったりするけど。

別に乗り換えたい車があれば買いますって
お金がないわけじゃない

以前は国内販売していたので、普通に乗れたし安く買えた。
でも現状は排気ガス規制、国内販売中止、中古車の海外流出。
この先、乗れる、乗りたい車がなくなっていくのは目に見えています。

今現状としては

1.ディーゼル→ガソリン車に買い換える(80はこのパターンが多いですね)
2.ガソリンエンジンに積み替えする 
3.DPFなどの浄化装置を取り付けする
4.指定地域外に引っ越す

後は輸入するしかないですよね

で、オーストラリアから逆輸入を考えたのですが、
実は新車で日本の倍します。

そこで、中古車をと考えたのですが、
一年で3万〜5万キロも走っちゃいます、向こうの人。

そこで新車はこんなするんよ、だから中古でもこれ位するし、
「10万キロなんてあたりが付いたくらいよぉ」
というイメージを持ってもらうには、
やはり見てもらうほうほうがいいのでは?
そう思っています。

普通の人から考えたらえっなんで?中古で距離だって走ってるし?
なんて言われるかもしれないけど

海外での過酷な使用状況にビクともしない
あの奥地まで行くならこの車しかないと言わしめた
ランドクルーザーに乗っていたいのです

僕らが車に乗り出した頃
車があれば、どこにでもいけるって思いました
初めて四駆に乗ったとき何より大切なのは豪華な装備より
どこからでも帰ってこれるという絶対的信頼感のような気がします

今の車は快適で楽チンだけど
あの頃見ていた風景とは少し違うような気がします

輸入車ってアメ車は結構いろいろなところ
がやってるんですが
75.78は輸入元ってそんなに多くないんです

それは登録手続きなど少し手間がかかったり
ネットで見たって画像だけでは判断しきれないわけだし

とはいえ
やっぱり見てみないと
ピンと
こないですよね

そう思って
まずはうちが仕入れをして
悪いところは
最初にきちんと直して

在庫で置いておく

それを見てもらって
どこを直したのか

それを含めて
いくらなのか

そういう提示がやっぱりお客様には
わかりやすいかと

さらに
輸入車の扱いのため
一般には整備や部品の調達ができないケースが多い
ランクルを専門にやっているお店なので
そういった知識やノウハウ

また
後々のアフターや
流用や加工製作ができる

車選びはお店選びでもある

そういう意味では
お客様は買ってからのメリットはあると思っています

もう一度あの頃に出かけてみませんか?
ランドクルーザーで。


どうぞ、お気軽にご相談ください

ナヴィク 鈴木






〒444-1214
愛知県安城市榎前町西林44-1
 Tel:0566-73-2052
 Fax:0566-92-0580
営業時間:午前10時~午後8時 定休日:月曜日・イベント開催日


Photo